授業中の雰囲気を確認できる

百聞は一見に如かず!まずは見学してみよう

塾選びというのは、お子さんの性格や成績レベル、講師との相性など考慮しなければならないことが多く、意外と難しいですよね。お子さんにできるだけ早く最適な学習環境を与えることを考えるなら、塾選びに時間をかけ過ぎるのも考えものです。迷ったら、実際に塾の様子を見に行ってみるのも一つの手。前もって連絡すれば、ほとんどの学習塾が見学させてくれます。授業中の雰囲気を確認することができるでしょう。

集団指導では、クラスのレベルによって授業内容や進度が異なる場合があります。予習中心か復習中心か、基礎中心か応用中心かといったことが分かるため、お子さんが授業についていけるか、あるいは物足りなくならないか確認できます。講師の指導力や生徒たちの集中度も重要な要素です。

個別指導では、講師と生徒のコミュニケーションの様子が確認できます。講師が生徒とよくコミュニケーションを取っているなら、質問しやすい雰囲気の塾だと言えます。また、教室内にいろいろなタイプの講師がいれば、お子さんと相性の良い講師に教えてもらえる可能性が高くなります。生徒たちの表情もよく見ておくといいでしょう。理解できたときの生徒の嬉しそうな様子というのは、端から見ていても十分伝わってきます。それだけ丁寧な指導が行われている証拠でもあります。

体験授業を受けてみるのもおすすめ

見学していると、「今度体験授業を受けてみませんか」という話は出てくることでしょう。実際にお子さんが授業を受けてみると、見学だけでは分からなかったことが見えてくることもあり、おすすめです。体験授業に参加すると、分かりやすい説明をしてくれるのか、苦手な分野や科目に力を入れてくれるのかといった具体的な指導内容や、講師との相性が把握できます。授業を受けた後のお子さんの感想も大切です。継続して通うなら、お子さんが楽しかったと思うことが大前提です。

講師もしくは教室長の先生と直接話をする機会が得られるのも、塾に足を運ぶ大きなメリットです。具体的な指導方法や方針、家庭学習の仕方、進路情報など、尋ねれば何でも教えてくれるでしょう。その際、お子さんのどこが弱点で何を強化しなければならないか、相談に乗ってくれる可能性もあります。塾の情報についてある程度はインターネットで調べられる時代ですが、実際に自分の目で確認し、指導のプロからいろいろな話を聞いて得られる情報量は、インターネットの情報よりもはるかに多いでしょう。お子さんに最適な塾を選んであげられれば、成績アップにつながりやすくなるのは言うまでもありません。

高校生の塾の多くが大学受験を見据えて学習を指導しています。全国模試などの結果により指導内容やクラスがかわることもあります。