授業方針を確認できる

ホームページには塾の方針が分かりやすくまとめられている

勉強が難しく感じるようになると、学習塾に通うことを検討し始める人も多いでしょう。その際、「自宅の近くだから」とか「友達が通っているから」といった理由だけで塾を選んでいませんか。安易に塾を選んでしまうと、合わなかったり成績が上がらなかったりして、結果的にいろいろな塾を渡り歩くことになりかねません。そうなると一貫した指導を受けることはできませんよね。実は、小学生、中学生、高校生それぞれに求められる学習方法は、かなり違います。また、学年によっても学習内容は異なります。塾のホームページには、こうした事情を踏まえて、どのような方針で指導をしていくかが分かりやすくまとめられているのです。

学習塾は、集団指導か、生徒3~4人を講師一人が指導する個別指導か、マンツーマンで行う完全個別指導に大別できます。集団指導では、予習中心なのか復習中心なのか、基礎を中心とした授業なのか実践的な問題を中心とした授業なのか、といったことがポイントになります。個別指導や完全個別指導では、苦手分野や科目の復習指導をしてくれるのか、自宅での学習習慣をつけるための工夫や学習計画はあるのか、学校の宿題を指導してもらうことは可能なのか、などがポイントとなるでしょう。

サポート体制が整っているかどうかもチェックしよう

中学生や高校生の場合、定期テストや受験があります。学年が上がれば上がるほど学習内容の難易度も上がり、一般的に週1回や2回の定期的な通塾だけでは、学習内容の習得が難しいのが現実です。そこで多くの学習塾では、自習室を解放したり、土曜日などを利用した定期テスト対策や受験対策講座を行ったり、夏休みや冬休みに講習会を開いたり、といったサポート体制を充実させています。ほとんどの場合、こうしたサポートを利用するには、その都度申し込みが必要になります。いざ困ったときに塾のサポート体制がしっかりしていると、心強いですよね。ホームページには、どのようなサポートが可能なのか書かれていることが多いので、チェックしておくことをおすすめします。

成績を上げるためには、「学び残しをしないこと」「毎日継続して学習すること」が大切です。塾のホームページには、どのような形で生徒たちの学習を支えていくかがまとめられています。体験授業に参加する前にホームページを確認しておけば、塾の指導法に対する疑問点などがあっても、質問事項をあらかじめ整理することができます。体験指導に参加したときに分からない点や疑問点を質問すれば、納得して入塾することができるでしょう。